ディズニー映画

『ムーラン』『アバター2』『SW』最新作の公開が延期に

『TENET』の延期に続いて、多くのハリウッド映画が延期を発表していたので、なんとなく予想はしていましたが…


『ムーラン』、『アバター2』、『スター・ウォーズ』最新作の公開も、延期に。
『ムーラン』は今年の劇場公開リストから削除され、なんと無期限延期です…。
『アバター2』は2021年12月17日→2022年12月16日公開に。
『スター・ウォーズ』最新作は2022年12月26日→2023年12月22日公開に。

『アバター2』の撮影自体は再開している模様。
『スター・ウォーズ』最新作に関しては、脚本の執筆を始めたところで、プロジェクトは進行しているようです。『マンダロリアン』シーズン2や『Bad Batch』なども控えてます。

ほかに今年全米での公開が予定されているディズニー関連映画は、
20世紀スタジオの”New Mutants”(8月28日全米公開、日本公開未定)、
MCUの『ブラック・ウィドウ』(2020年11月6日世界同時公開)、
ピクサーの『ソウルフル・ワールド』(2020年11月20日全米公開、12月11日日本公開)
があります。こちらも影響を受けるのでしょうか…。
New Mutants“に関しては、幾度となく公開が延期となっており、劇場公開を諦めてDisney+配信に変更されるのでは、との噂も発生しています。(今年5月に劇場公開を予定していた『アルテミスと妖精の身代金』は、直前でDisney+での配信に変更されました。)

終息する気配のない新型コロナウイルス…映画ファンとしては、映画産業の衰退を心配してしまいます…。

2020年公開を予定していたディズニー映画の延期情報はこちらでまとめています▼

あわせて読みたい
続々延期のディズニー映画、1年後ろ倒しの作品も。the eye-catching image:(c)2020 MARVEL ※2020年7月27日最終更新。この記事は4月に最初に...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!