ウォルト・ディズニー・ワールド

エプコット、スペース・シップアースとメリー・ポピンズの計画が延期に

エプコットの新プロジェクトが新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期に。

延期となったのは
・イギリス館『メリー・ポピンズ』の新アトラクション
・スペースシップ・アースのリニューアル
スペースシップ・アースは現在改修前の状態で運行中。

ウォルト・ディズニー・ワールドは来年2021年に開園50周年を迎えます。
50周年に向けて様々なプロジェクトが動いており、エプコットだけでも以下のプロジェクトが発表されています。

・パーク内エリアの大幅なリニューアル
(ワールド・ショーケースより手前のエリアがワールド・セレブレーション、ワールド・ディスカバリー、ワールド・ネイチャーにリニューアル。)


・新ナイトエンターテイメント“HarmonioUS”がスタート(Epcot Foreverの後継ショー。2020年スタート予定)
・モアナのアトラクション”Journey of Water, Inspired by “Moana””がオープン
・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のローラーコースター”Guardians of the Galaxy: Cosmic Rewind”がオープン
ほかにも新パビリオンのオープン、スポットの改修工事が予定されています。

これらのプロジェクトの進捗状況については明らかにされていませんが、2021年完了は難しいのではないかとの意見もあり…プロジェクトそのものがお蔵入りにならないことを願うばかりです。
なお、フランス館の『レミーのおいしいレストラン』新アトラクション計画は予定通り進んでいるそう。

あわせて読みたい
DLPラタトゥイユ:ジ・アドベンチャーのライド動画公開ディズニーランド・パリがラタトゥイユ:ジ・アドベンチャーのライド動画を公開。 (追記)英語版も公開されました。 動画...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!