ディズニー映画

ビヨンセ製作映画”Black Is King”、Disney+で独占配信

ビヨンセが監督・製作総指揮・脚本・出演を務めた映画(ビジュアル・アルバム)”Black Is King”が、2020年7月31日よりDisney+で独占配信されます。

本作は、『ライオン・キング』(2019)公開時にビヨンセがプロデュースしたアルバム”The Lion King: The Gift”の楽曲をもとにしており、製作に1年を要したとのこと。
アフリカ系の著名アーティスト、チャイルディッシュ・ガンビーノやケンドリック・ラマー、ファレルらに加え、夫のジェイ・Z、娘のブルー・アイビー・カーターも参加。
劇中、”The Lion King: The Gift”収録楽曲の”Brown Skin Girl”,”Mood 4 Eva”,”My Power”も使用されます。

主人公が裏切りや愛、自身のアイデンティティを通じて真の王になる『ライオン・キング』の物語を、黒人の物語として再創造、”いま”の黒人の声を反映したもので、映画を通じて黒人の文化と伝統を祝福するとのこと。

ビヨンセはディズニーと100億円越えの契約を結んだとの噂もあり、今後もディズニーと深く関わっていくのではと言われています。(『ブラック・パンサー』続編のサウンドトラックをビヨンセがプロデュースするのではないかという話も。)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!