ミュージカル/ブロードウェイ

英ウエストエンドのミュージカル、年内の公演を中止

『ハミルトン』『メリー・ポピンズ』などウエストエンドの主要なミュージカルについて、年内の公演がすべて中止になったというニュースが入ってきました…。

Les Miserables and Hamilton among West End shows off until 2021
記事によると『ハミルトン』『レ・ミゼラブル』『メリー・ポピンズ』『オペラ座の怪人』の年内公演が中止に。
ソーシャルディスタンスの確保が必須とされる間は、今後のスケジュールを組むのは困難と判断したとのこと。
そして、このままでは40万人以上が失業する可能性があると書かれています…。

Andrew Lloyd Webber: ‘I want to prove theatres can reopen’
そんな中、ミュージカルの巨匠アンドリュー・ロイド・ウェバーが動き出しました。
韓国では『オペラ座の怪人』公演が再開しており、韓国と同様の措置をウエストエンドでも試したいとのこと。心強い。

世界各地のディズニーランドが営業再開の動きを見せているので、経済活動は世界的に回復していると思いこんでいましたが、ヨーロッパの方ではそうでもないようで…。特にエンタメ業界は厳しいようです。
ヨーロッパ唯一のディズニーランド、ディズニーランド・パリも営業再開の噂は聞こえてこないですし、再開にはもう少し時間がかかりそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!