ディズニーパークス

HKDLビッグ・グリズリー・マウンテン・ランナウェイ・マイン・カーのライド動画公開

香港ディズニーランドの営業再開を祝して、ビッグ・グリズリー・マウンテン・ランナウェイ・マイン・カーのライド動画が公開されました。香港ディズニーランドの名物アトラクションです。

動画内クレジット
・中国では8が最も幸運な数字とされているため、グリズリー・ガルチの設立日は1888年8月8日とされている。
・遭遇する3匹のクマの親子の名前はロッキー、マザー・ロード、ナゲット。
・鉱山で働く労働者は、ダイナマイトを爆発させるビリー・”ブーマー”・マッコイ、採掘リーダーのドネガン・”ディガー”・ライリー、助手の”ティニー”・トンプソン、犬のJ・R・”ラッキー”・ストライカー、カナリアの飼い主のバートラム・ “バーディ”・シンガー。(カナリアは毒ガス探知のため鉱山で飼われていた。)
・トロッコのリフトシステムを作った会社は”Never-Fail Cable Co”(架空の会社)。”Never-Fail”と名乗るものの、ゲストの乗るトロッコは丘を登りきらずに落下してしまう。
・グリズリー・ガルチをリアルな鉱山に作り上げるため、イマジニアたちはカリフォルニアのルート49沿いにある、かつて金鉱だった町を訪れた。
・多くの木箱や樽に「ビッグサンダー・エクスプローシブ」のブランド名が書かれている。
・ほかの4つのディズニーパークのアトラクション(ビッグサンダー・マウンテン)を参考にしている。

ビッグ・グリズリー・マウンテン・ランナウェイ・マイン・カー(香港ディズニーランド)
2012年7月14日にオープンしたアトラクション。ビッグサンダー・マウンテンと共通点が多い。途中で後ろ向き走行に替わるシステムはエクスペディション・エベレストと同様のものを使用している。

トロッコに乗ったゲストは、8番トンネルに送られる。父熊のロッキーがレバーに背中をこすりつけると、進路は変更し不吉な数字を表す4番のトンネルへ。トロッコは暴走し、逆走し始める。

パークス・ブログでは、このアトラクションのほかにも、キャラクターをかたどった点心も紹介されています。

#DisneyMagicMoments: Hong Kong Disneyland Reopens Tomorrow! Let’s Celebrate with Food and Fun

In honor of Hong Kong Disneyland’s announcement that it will reopen tomorrow, we’re sharing not one…but TWO special treats today from the resort. First, let’s take a ride on one of the park’s most popular attractions, and then feast our

あわせて読みたい
香港ディズニーランド、6月18日より営業再開 香港ディズニーランドの営業再開日が6月18日に決定しました。以前から噂されてはいたものの、直前の発表に驚きました。 他パー...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!