ディズニー最新情報

Disney+責任者が米TikTokのCEOに就任、後任はDLR社長

ウォルト・ディズニー・ダイレクト・トゥ・コンシューマー&インターナショナルの会長ケビン・メイヤー氏がディズニーを離れ、6月から米TikTokのCEOに就任することが発表されました。
メイヤー氏はDisney+の立ち上げ、Huluのてこ入れなどを行ってきた人物で、ウォルト・ディズニー・カンパニーCEO候補と噂されたこともありました。メイヤー氏が手掛けたDisney+はユーザーが全世界で5000万人を超えており、それが評価されての採用だと思われます。
メイヤー氏の後任にはDisney+の立ち上げに携わったディズニーランド・リゾート社長のレベッカ・キャンベル氏が着任するとのこと。

2018年、2019年にAppStoreで最もダウンロードされたTikTokは、中国のバイトダンスが開発したアプリ。メイヤー氏はバイトダンスのCOOも兼任します。米TikTokはバイトダンスの子会社にあたります。

(2020年8月27日追記)
ケビン・メイヤー氏の辞任が発表されました。就任から約3か月で辞任…。詳しくは下記記事をご覧ください。

TikTok、米社CEOのメイヤー氏が辞任(写真=ロイター)

ディズニー幹部だったメイヤー氏は6月にティックトックCEOに転じたが、3カ月足らずで辞任した=ロイター …


また、ボブ・チャペック氏がウォルト・ディズニー・カンパニーのCEOに就任してから空席となっていたディズニー・パークス・エクスペリエンス・プロダクツ(ディズニー社のパーク部門)の会長に、ウォルト・ディズニー・ワールドの社長ジョシュ・ダマロ氏が着任したことも発表されています。
パークの社長が主要事業部の会長に昇格する流れになってますね。

◇人事異動まとめ


ジョシュ・ダマロ氏
パークス・エクスペリエンス・プロダクツ会長に就任。
元WDW社長。ボブ・チャペック氏に代わり、パーク部門の最高責任者に。
ダマロ氏のInstagramはこちら


レベッカ・キャンベル氏
ダイレクト・トゥ・コンシューマー&インターナショナル会長に就任。
メディアと国外展開の部門の最高責任者。Disney+はこの部門が統括。
キャンベル氏は元DLR社長。


ジェフ・ヴァーレ氏
WDW社長に就任。
元シグネチャー・エクスペリエンス(クルーズラインやバケーションクラブなどの部門)社長。


ケン・ポトロック氏
DLR社長に就任。
元コンシューマー・プロダクツ(マーチャンダイジング部門)社長。

Josh D’Amaro Named Chairman Of Disney Parks, Experiences And Products And Rebecca Campbell Named Chairman Of Disney’s Direct-To-Consumer And International – The Walt Disney Company

BURBANK, Calif., May 18, 2020-Bob Chapek, Chief Executive Officer of The Walt Disney Company (NYSE:DIS), today announced that Josh D’Amaro has been named Chairman, Disney Parks, Experiences and Products, and Rebecca Campbell has been named Chairman, Direct-to-Consumer and International. Mr. D’Amaro and Ms. Campbell will report to Mr. Chapek.

error: Content is protected !!