ディズニーパークス

シルク・ドゥ・ソレイユが懐かしの”ZED”を配信

2008年から2011年まで東京ディズニーリゾートで上演されていたシルク・ドゥ・ソレイユ”ZED”の映像が配信されました。


主人公Zedが「天」と「地」の二つの世界で多くのものと出会い、最後に二つの世界がひとつに結ばれる、というストーリー。
最近話題のシルク・ドゥ・ソレイユですが、3月末からダイジェスト動画を続々公開しています。今回のZEDの配信はその一環。配信を見逃した方は、動画をアーカイブで残してくれているので、是非大画面で観て欲しいです。
ところどころカットされているものの、これだけしっかりとした映像を残しておいてくれて、しかも配信してくれるなんて感無量。

かがみんこと加賀見会長激推しで始まったシルク・ドゥ・ソレイユ招致計画。専用劇場としてイクスピアリの隣に「シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京」(現 舞浜アンフィシアター)を建設し、アジアで唯一のレジデントショーZEDが始まりました。

初演からずっと赤字だったそうで、約3年という短期間で終了してしまいました。シルクのチケットとパークのチケットを抱き合わせで販売するなど、色々と工夫はしてたみたいですが、シルク目当てで舞浜を訪れる人があまりにも少なかった印象です。もう少し都心の方に劇場を作って知名度を上げられていれば、また違ったんじゃないかな、なんて思ったり。まぁ都心に作ったら作ったで土地代とか人件費とかとんでもないことになりそうですけどね。ビジネスって難しい…。
ZED終了後は建物からシンボルの太陽マークが消え、イベントホールとして使用されるようになりました。舞台が不思議な形をしてるのは、シルク・ドゥ・ソレイユ用に設計されたからなんですね。

ZEDを黒歴史扱いする人もなかにはいますが、エンターテイメントとしては本当に素晴らしく、チケット代を優に超えるクオリティだったと思っています。
わたしのシルクデビューはまさにこのZEDだったんですが、あまりの感動と衝撃で家に帰ってからもドキドキが止まらなかったのを覚えてます。

ほかに公開されている動画はこちら。











破産申請しようとしてるとか、いろんな噂が飛び交ってますけど、シルクは文化的遺産だと思ってるので、長く続いてほしいですね…。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!